土・日も診療! バリアフリー設計 駐車場有り

まるで自分の歯のような使い心地

インプラント

メリット

気をつけること

静脈内鎮静法

症例紹介

インプラント治療で「よく咬める」生活を取り戻す

インプラントは「第2の永久歯」

インプラント治療とは、歯を失った場所の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、顎の骨としっかり結合した段階で、人工歯を取りつける治療法です。入れ歯やブリッジのようなズレや周りの歯への負担がなく、自分の歯と同じように、しっかりとものを咬めるようになります。見た目も自分の歯とほとんど見分けがつかないほどで、機能性・審美性ともにとても自然な口元になることから、「第2の永久歯」とも呼ばれています。

入れ歯やブリッジに不満をお持ちの方、より自分の歯に近い歯を手に入れたいという方におすすめの治療法です。

インプラント治療のメリット

その1 自然で美しい見た目

白くてキレイなセラミック素材の人工歯を使うことが多く、美しい見た目です。また、入れ歯などのように顎の大きさと合わないといったリスクもなく、自然な外観を保てます。

その2 周りの歯を傷めない

顎の骨に直接埋入して固定するので、ブリッジのように周囲の健康な歯を削ったり、支えとして負担をかけたりする必要がありません。

その3 顎の骨がやせない

入れ歯やブリッジは直接顎まで咬む力が伝わらないため、顎の骨がどんどんとやせてしまいます。一方、インプラントは顎の骨にまでしっかりと咬む力が伝わるので、顎の骨がやせることはなく、健康的な骨格を維持できます。

その4 丈夫で長持ち

人工歯に使われることの多いセラミックは耐久性に優れており、定期検診とセルフケアで長期間使い続けることができます。

インプラント治療で気をつけること

治療前

治療前に注意しなければいけないのは、虫歯や歯周病の存在。もしもこれらの病気にかかっている場合、インプラント治療の妨げになります。病気の治療を行ってからインプラント治療に入ります。

治療後

インプラントは虫歯になることはありませんが、治療後に適切なメンテナンスを行わないと、歯周病と同様の病気「インプラント周囲炎」を起こしてしまうことがあります。せっかくのインプラントが抜けてしまうことにもなりかねませんので、長期間にわたり適切なメンテナンスを心がけましょう。

立川市の若葉グリーン歯科では、患者様一人ひとりに合わせたインプラント治療を行っています。治療前後のケアもしっかりと行い、長期間健康的な口腔内環境を保っていただけるようサポートします。ご不明な点などがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

インプラント治療に不安のある方へ~静脈内鎮静法~

インプラント治療を検討するにあたって多くの患者様がお持ちなのが、手術への不安。当院ではそんな皆様の不安を取り除くため、静脈内鎮静法を採用しています。それは、全身麻酔のように意識がなくなるのではなく、うたた寝をしているような感覚で手術を受けられる、安全に配慮した鎮静法。日本歯科麻酔学会の認定医である院長が行いますので、手術も安心してお受けいただけます。

静脈内鎮静法のメリット
  • ・落ち着いて治療を受けられる
  • ・意識があるため会話ができる
  • ・痛みなどをほとんど感じない
  • ・治療時間を短く感じられる
  • ・嘔吐反射を抑制できる

手術を終えた方からは「もう終わったの?」「気づいたら終わっていた」という言葉をいただくことも多くあります。「手術がこわい」という方も、安心してご相談いただければと思います。

インプラント治療の症例

治療前

前歯  

治療後



臼葉